国府宮神社へ裸祭り

クライマックス裸祭り

昨日、娘と愛知県稲沢市にある国府宮神社へ裸祭りを見に行ってきました。
このお祭りは1200年続いており、厄年の25,42,61歳の男性だけが厄払いのために参加できます。今年の参加者は9000人でした。
午後2時頃、近隣から参加したふんどし姿の裸男たちが、笹に願いを書いた布を結んだものを、神社へ走って奉納しました。
夕方5時頃、神男が現れ、彼が神社へ入るまでに、彼をさわり厄払いをしようとする裸男たちに追われます。でも神男は屈強な男たちに守られているために、彼にさわるのは、大変な困難をきわめます。彼らは1時間ほど、押し合いへしあい湯気が立ち上りました。娘と私は神男を見られませんでしたが、、祭りの臨場感は味わいました。

dedicate bamboo grass (

なおい(お守り)lucky charm